事業内容

オプティマインドは、
組合せ最適化、機械学習、
統計などの技術を用いて、
「どの車両が、どの訪問先を、
どの順に回るか」という
配送計画の領域を中心に
事業を展開しています。

社会課題に対する
アプローチ

物流業界では深刻なドライバー不足やドライバーの高齢化が進んでおり、インターネット通販の拡大による配送の複雑化・小口化が物流量の増加を引き起こし、人手不足にさらなる拍車をかけています。

それと同時に人件費の上昇や積載効率の低下に伴うコスト高も顕著な問題です。中小企業が大半を占める物流業界において、人手不足やコスト高の問題は深刻です。

こうした物流業界の課題を解決するにあたって、業界全体で物流の最適化を実現することは欠かせません。技術の発展により、物流の最適化がAIやビッグデータ解析によって可能な時代となってきました。配送計画の分野においては、クラウドの普及によってより手軽に配送計画システムを利用できる環境が整いつつあります。そのうえ、CPUの性能向上により、複雑な条件が与えられた配送ルートでも短時間で最適なルートを算出することが可能となってきました。

オプティマインドはこうした最新技術を活用し、物流の中でも配送計画の分野で物流業界全体の最適化に貢献します。

オプティマインドは、組合せ最適化、機械学習、統計などの技術を用いて、「どの車両が、どの訪問先を、どの順に回るか」という配送計画の領域を中心に事業を展開しています。具体的にはSaaSモデル※1によるAI最適配車クラウドサービス「Loogia」の開発・提供、計算エンジンのAPI※2連携、コンサルティング、R&D事業を行っています。

私たちは最先端かつ独自の配送最適化システムを提供することで、すべての事業者を巻き込んだ持続可能な物流インフラの構築を目指しています。

※1 SaaSモデル: 「サービスとしてのソフトウェア」を指す略語。インターネット環境下ならどこでも自由にアクセスでき、データをオンライン上に保存したり、複数のチーム・複数の人数で管理と編集を行える。

※2 API: 全く別々の性質のシステム同士が、会話・やりとりを出来るように仲介する仕組みのこと。

製品紹介

Loogia

Loogiaとはラストワンマイル向けのクラウドの配車・配送計画システムです。「どの車両が、どの訪問先を、どの順に回るか」を計画しその配送ルートを提供します。不要な機能はそぎ落とし、配車・配送計画に特化したシンプルで使いやすいシステムです。

弊社の強み

弊社には、成長を確信できる
大きな3つの強みがあります。

世界トップレベルの研究成果

世界トップレベルの最適化エンジンを複数自社所有しています。名古屋大学の柳浦教授による顧問のもと、物流の最適化を専門としている研究者が最先端の最適化技術を提供できます。

独自の道路ネットワーク地図データ

道路ネットワーク地図データを独自で整備しており、配送現場における様々な要素を蓄積していくことによって、物流に特化した新たな地図の構築を行っております。

若さと実績

若いメンバーで構成されており、新しい技術やサービスを常に研究し、追い求めるエネルギーと好奇心があります。一方でメンバー全員が実社会で多くの開発実績を持っており、仕様設計から開発・テストまで確かな品質で行っています。

わたしたちは
このようなお客様に
必要とされています

卸業者(食品/酒/薬品/備品etc.)、宅配便、引越し業者、ガス会社、送迎バス(幼稚園/介護)、タクシー業者、メンテナンス業者、清掃業者、廃棄回収業者、

  • 1台あたり10箇所を超えるような
    複雑なルート組みを行っている会社
  • 配送計画立案が日々必要な会社