事業内容

オプティマインドは、
組合せ最適化、
機械学習などの技術を用いて、
「どの車両が、どの訪問先を、
どの順に回ると最適か」という
配送ルート最適化の領域を中心に
事業を展開しています。

事業構成

SaaS* 事業

配送ルートの最適化をブラウザで簡単に行えるクラウドサービス 『Loogia(ルージア)』の提供販売
*SaaS: Software as a Service

PaaS* 事業

ルート最適化システムに必要な多くの複雑なモジュールを API 連携することで、 様々な配送システムの機能の1つとして容易に組み込むことが可能
*PaaS: Platform as a Service

AaaS* 事業

研究成果に基づく最先端のアルゴリズムを API 連携することで提供
*AaaS: Algorithm as a Service

社会課題に対する
アプローチ

ラストワンマイルに特化し、"実際に使える" 最適なルートを提供しています。

性能

  • 考慮できない現場の制約条件(左付、Uターン etc.)
  • 予測時間のズレがあり、計画倒れ
  • 日々の実績が蓄積されず精度が向上していかない

価格

  • 数百万円の買い切り価格
  • インテグレーション費用がかかる
  • 規模や導入に応じた価格ではない

環境

  • 配達票が電子データ化されていない
  • 荷主主導であり、自社で計画を変えられない
  • 経営陣が危機感を持っていない(現状回っている)
  • 現場からの反発

自社クラウドサービス

Loogia

Loogia (ルージア)は、 ラストワンマイル配送に特化したクラウドの配送計画サービスです。 配送計画の作成からリアルタイムの動態管理、 ドライバーアプリまで一貫して提供します。

オプティマインドの強み

成長を確信できる
大きな3つの強みがあります。

世界トップレベルの最適化アルゴリズム

世界トップレベルの最適化エンジンを複数自社所有しています。 名古屋大学の柳浦教授による顧問のもと、 ルート最適化の最適化を専門としている研究者が日々最先端の最適化技術を研究開発しています。

実データの学習循環スキーム

実際の走行データを学習させることで、配送現場の様々な要素を蓄積し、ラストワンマイル配送に特化した新たな地図の構築を行っています。

フロンティア精神

常に最先端の技術を追い求め、 研究開発を行い続ける体制が整っています。

わたしたちは
このようなお客様に
必要とされています

酒販会社、薬品卸、食品卸、宅食、宅配、自動販売機、移動店舗販売、無人コンビニ配送、オンデマンドバス、ライドシェア

導入対象

1台あたり10箇所を超えるような
複雑なルート組みを行っている会社
配送計画立案が日々必要な会社